「細心設計」と
「カーボンニュートラル」の
融合

フジタは今まで培ってきた「細心設計」の思想に加え、自然エネルギーで暮らす
クリーンな生活をご提供するため、カーボンニュートラルの実現に向けた展開を図っていきます。
お客様の思い描く理想の住まいに寄り添い、お手伝いしていきます。
上質なくつろぎと安らぎを作り続けるため、フジタは進化を続けていきます。

2022年ZEH仕様住宅キャンペーン 15棟限定
ZEH仕様でご契約いただいた方に
「太陽光パネル」をプレゼントいたします。

3kW〜5kWの太陽光パネルを延べ床面積に応じてプレゼント!

太陽光パネル設置光熱費シミュレーションはこちら
太陽光パネル

カーボンニュートラルとは

どうしても削減しきれなかった二酸化炭素排出量分を、
森林保全活動や植林による吸収量で差し引き、排出量を実質ゼロにすること

例)カーボンオフセットの活用や、再生可能エネルギーへの移行

ZEH仕様住宅とは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の断熱性能等を向上、高効率な設備システムの導入し、
室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現し、太陽光発電などの再生可能エネルギーを導入することにより、
年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅です。

ZEH仕様住宅の解説
引用:経済産業省 資源エネルギー庁 https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/housing/index03.html

ZEH仕様住宅なら、補助金や税制優遇の対象となります

こどもみらい住宅支援事業について 住宅ローン控除の優遇について

こどもみらい住宅支援事業

令和3年11月26日に国土交通省より、子育て世帯や若者夫婦世帯(※)の住宅取得に対し、省エネ性能を有する住宅の購入をサポートする「こどもみらい住宅支援事業」の創設が発表されました。

※子育て世帯、若者夫婦世帯:18歳未満の子を有する世帯。夫婦のいずれかが39歳以下の世帯。

こどもみらい住宅支援事業の補助金
対象住宅 補助額
一定の省エネ性能を有する住宅(断熱等級4かつ一次エネ等級4以上を満たす住宅) 600,000円/戸
高い省エネ性能を有する住宅(長期優良住宅・低炭素住宅※1・性能向上計画認定住宅※2) 800,000円/戸
ゼロエネルギー住宅(ZEH※3・Nearly ZEH※4・ZEH Oriented※5) 1,000,000円/戸

※1省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー※6消費量が10%以上削減となること。その他低炭素化に資する処置が講じられていること(節水水栓等)。UA値0.87以下。
※2建築物省エネ法第35条に係る建築物エネルギー消費性能向上計画の認定が誘導基準に適合している旨を所管行政庁が(都道府県、市又は区)認定を行うもの。 
※3省エネ法の省エネ基準に比べ、再生可能エネルギーを除き一次エネルギー消費量が20%以上削減となること。UA値0.6以下。再生可能エネルギーを加えて一次エネルギー消費量を100%以上削減とすること。
※4ZEH基準断熱性能。再生可能エネルギーを加えて一次エネルギー消費量から75%以上100%未満の削減となること。
※5敷地面積85㎡未満対象。
※6化石燃料、水力、太陽光など自然から得られるエネルギーのことで、これらを加工・変換した電気・灯油・都市ガスは2次エネルギーという。家庭で使うことの多い2次エネルギーはそれぞれ異なる単位(kwh、ℓ、MJ)で使用されているため、一次エネルギー消費量に換算することで、住まいの総エネルギー消費量を一つの単位で表すことができる。

補助対象者
18歳未満の子を有する世帯。夫婦のいずれかが39歳以下の世帯。
土砂災害防止法に基ずく土砂災害特別警戒区域に立地する住宅は対象外。
令和4年10月31日までに着工。和5年5月31日までに引き渡しと入居を行い完了報告が必要です。

※今後変更になる場合があります。

省エネ住宅の
住宅ローン控除の優遇

2022年度税制改正で、所得税と住民税から差し引く住宅ローンの控除率を現在の1%から0.7%に引き下げた上で、新築住宅の場合、控除期間が10年から13年間に延長される見込みです。また、省エネ基準への適合が借入限度額の上乗せや住宅ローン減税の要件となります。

住宅の種類 最大対象ローン金額 返還利率 対象年数 最大控除金額
認定住宅 5,000万円 0.7% 13年 455万円
ZEH水準省エネ住宅 4,500万円 0.7% 13年 409.5万円
省エネ基準適合住宅 4,000万円 0.7% 13年 364万円
通常住宅 3,000万円 0.7% 13年 273万円

※令和3年12月24日に閣議決定され、今後国会にて審議されますので、確定情報ではありません。

太陽光パネル設置光熱費シミュレーション
(当社施工住宅より)

太陽光パネル設置光熱費シミュレーション

上記光熱費シミュレーションは、金沢市内でオール電化住宅を建築した場合のシミュレーションとなります。
売電単価17円/kWh 太陽光パネル4.72kW搭載の場合、年間推定経済効果は108,138円となり、月の電気代を14,000円、年間168,000円とした場合に差額の約60,000円が実施電気代と推定されます。
このシミュレーションでは断熱性の高いZEH住宅を想定していません。ZEH住宅では更なる光熱費の削減が期待できます。

※上記シミュレーションは効果を約束するものではありません。

キャンペーンの詳細な内容については、当社にて説明いたします。

下記よりご予約をお願いいたします。

キャンペーンの内容説明予約へ