石川で注文住宅を建てる上でのオープンガレージとインナーガレージそれぞれの良さを解説

2021.11.27

車やバイクを趣味としている方は、石川県でも多いですよね。


そんな車・バイクが好きな方には憧れと言っても良い注文住宅でのオープンガレージ、インナーガレージを紹介していきます。


車やバイクを趣味としている方は、石川県でも多いですよね。


そんな車・バイクが好きな方には憧れと言っても良い注文住宅でのオープンガレージ、インナーガレージを紹介していきます。


オープンガレージとは?インナーガレージとは?といった基本的な内容から、それぞれのメリットを中心に解説します。


それでは、まず今回の記事の結論です。

・オープンガレージは、住宅の一部を駐車場の屋根・壁にしているタイプです。

 

・アルミカーポートに比べてデザインとしても、外観の統一感がある。

 

・インナーガレージ(ビルトインガレージ)は、シャッターを閉めると家の中に駐車場を取り込むスタイルのガレージ。

 

・インナーガレージ(ビルトインガレージ)は、防犯上とても有効。さらに室内と同様の空間の為、季節や時間に関係なく車・バイクいじりがしやすい


注文住宅でのオープンガレージとは

注文住宅のガレージ1

駐車場と言えば、青空駐車か車を覆うようにカーポートを設けることが多いですね。


それに対して注文住宅でのオープンガレージは、住宅の1階の一部を凹ませて屋根や下屋を伸ばしてガレージにするタイプです。


シャッターなどで完全に家の中に取り込むインナーガレージとは異なり、駐車場部分は外部となります。


メリットは、アルミカーポートに比べて「雪や雨の影響を受けにくいこと」と、「デザインとして統一感が出ること」です。


まず雪や雨の影響についてです。


注文住宅でのオープンガレージは、家の一部として取り込まれているガレージのため、車から降りて玄関まで濡れずに行くことができる間取りが多いです。


一般的なアルミカーポートであれば、駐車場から玄関まで少し離れていることから雨の場合は小走りで玄関に行く、なんていうことも日常茶飯事な光景ではないでしょうか。


特に雪が積もっている場合は、荷物を抱えている時に足を滑らしやすいこともあります。


注文住宅ならではのオープンガレージはこういった雪国ならではのリスクも減らしてくれます


そして、もう1つのメリットはデザイン。


オープンガレージによって、住宅の外観デザインで統一感・高級感が出ます


どうしてもアルミカーポートは後付け感が否めませんが、住宅の一部となっているオープンガレージであればスマートな外観を崩すことなく、まとめることができます。


そして所有している自動車にこだわっている方であれば、なお一層見栄えがする家になるでしょう

フジタでの注文住宅オープンガレージ事例集

フジタでもオープンガレージの事例があります。

出典:中成コンセプトハウス2018


こちらの中林コンセプトハウスでは、外観の一部をガレージっぽく仕上げず、スマートに駐車場が融け込むようになっています。

※お施主様宅


こちらの事例は、お施主様宅でのオープンガレージです。


1階の下屋が横に長くオープンガレージを構成しており、家全体の重厚感を演出しています。


駐車後、玄関にすぐ行ける動線になっており天候に左右されず利便性も兼ね備えています。

オープンガレージはこんな人におすすめ

注文住宅でのオープンガレージは下記のような方におすすめです。

・車庫も住宅の一部のデザインとして統一感を出したい方

 

・雨天時・大雪の時、濡れずに車から玄関まで行きたい方


いずれも、デザインと実用性を重視する方にオススメです。

注文住宅でのインナーガレージとは

注文住宅のガレージ5

注文住宅でのインナーガレージとは、別名「ビルトインガレージ」とも言います。


家の中に駐車場を取り込むタイプのガレージで、シャッターを閉めると室内と同じような空間になります。


オープンガレージとの違いは、外部か内部かの違いと言えます。


そのため、車やバイク、アウトドアなどが趣味の方には憧れのガレージです。


車庫と室内空間の間をガラスにすることで、家にいながら愛車を眺めたい、という方にはたまらないガレージですね。


また実用性も備えており、天候に関係なく快適です。


玄関から外に出なくとも駐車場と室内を行き来できるため、雨・雪の日も濡れずに済む点はオープンガレージと似ていますが、より一層クローズな空間になります。


シャッターを閉めることで室内に車・バイクを取り込む形になり、盗難やイタズラ防止には効果が高いガレージです。


昨今、盗難被害も多発している中で、高級車をお持ちの方にはおすすめのガレージと言えます。

フジタでの注文住宅インナーガレージ事例集

フジタでもインナーガレージの事例があります。


下記はいずれもお施主様の事例になりますので、リアルな感覚で見ていただけるのではないでしょうか。

※お施主様宅①


こちらのお施主様の事例では、北側でインナーガレージを設置しています。


北側にガレージがあることで、リビングなどの陽当たり面の問題は全くありません。


また接道側から見た外観も、インナーガレージによる大きな下屋によってデザイン性を向上させています。

 ※お施主様宅②


こちらの事例でも同様に下屋を大きく設計して、家の重厚感を演出しています。


向かって正面左側に玄関~アプローチがあり、臨時のときには青空駐車もできるようになっています。

インナーガレージはこんな人におすすめ

インナーガレージがオススメの方は、こちらのような方です。

・車やバイクが趣味で、季節や時間に関係なく手入れしたい方

 

・リビングなどの室内からマイカーや、バイクを鑑賞して楽しみたい方

 

・車やバイクをキズや劣化から守りたい方

 

・高級車を所有しておりイタズラ・盗難防止として有効な対策をとりたい

インナーガレージでは車・バイク・アウトドア等の趣味を、時間・曜日に関係なく没頭したい!という方、もしくは盗難等に配慮したい方にオススメです。

雪の多い石川で注文住宅を建てる際はどっちがオススメ?

雪の心配だけであれば、どちらも車をしっかり雪から守れます。


予算が合えばインナーガレージにしたいお客様も多くいらっしゃいますが、最終的にはコストとのバランスになってきます。


そのため正直なところは、コストや他の優先事項によって、アルミカーポートで対応する方の割合が多いです。


ただ、アルミカーポートは後付けができますが、オープンガレージ・インナーガレージともに新築時でないとなかなかできません。


そのため、外観の統一感や利便性を優先したいのであれば、フジタでのプラン設計時にぜひ気軽に相談してみてください。


コストバランスも見たうえで、総合的に判断できる材料をご提示させていただきます。

まとめ

ここまでの内容を踏まえて、今回の記事のまとめです。

・オープンガレージはデザインとしても統一感があり、雨や雪といった天候に左右されず、車~玄関の行き来がしやすい

 

・インナーガレージ(ビルトインガレージ)は、盗難やイタズラ防止にも有効的。車・バイクいじりが好きな方にもおすすめの設計。

 

・雪の多い石川では、ガレージはデザイン性だけでなく実用面も考えて、アルミカーポートにするか?ガレージにするか?検討しましょう。

ガレージは家づくりの設計を大きく左右します。


フジタでは、お客様のご予算・要望・趣味などに応じてご提案させていただきます。

W断熱を活用してUA値0.42(HEAT20のG2グレード)を記録したコンセプトハウスが野々市市中林にオープン。冬暖かく、夏涼しい住まい。

ニューノーマルに対応した、心遣いの行き届く細心設計。


ご予約はこちらから。

関連記事

  • 石川の高気密高断熱失敗1

    高気密高断熱住宅でよくある失敗事例3選。失敗しないためのポイント解説!

    2021.09.2
  • 石川の注文住宅玄関例3

    注文住宅の玄関で実用性・デザイン性を兼ね備えるためのテクニック

    2021.09.23
  • 石川の注文住宅子供部屋2

    石川の注文住宅で理想の子供部屋を作るコツって?フジタのお手本アイデアも!

    2021.10.28
  • 石川の注文住宅書斎1

    石川の注文住宅で落ち着いた書斎が欲しい方必見!集中できるアイデア・事例を紹介!

    2021.10.23
  • 注文住宅の和モダン事例7

    石川の注文住宅でオシャレな和モダンにするために知っておくべき6つのポイントとフジタの事例3選を紹介!

    2021.07.15
blog | 住宅コラム | 石川で注文住宅を建てる上でのオープンガレージとインナーガレージそれぞれの良さを解説